双子とわたし、ときどき夫

双子育児(2016/9)と、ときどき夫 そんな生活。育児のこととか、日記とか。日々の暮らし。

秋の夜長に。

こんばんはフジセイでございます、

 

今日はただひたすら

妄想してるだけの記事です。

もしも~とか。

実に、内容のない話ですよ~ええ。

秋の夜長ですからね。

 

 

 

 

 

 

秋は、夕暮れ時がいいですね。

1年の中で1番美しい景色だなーと

つくづく思います。

オレンジと紫がまざった空に、

金色の夕日、

照らされる道端の草たち。

いつも写真におさめたい!って

思うけど、おさめたらちっぽけなんですよね。

だから、一生懸命見る。

秋は短いからなぁ~、、、、

 

 こんな色のスカートがあれば

3万円くらいまでなら買うなぁ~

 

いや、現実に3万で目の前に現れたら

躊躇するかなー?!!!

 

独身の頃は何も考えずに

好きな服、好きなだけ買ってたのになぁ~

(貯金できない人)

 

 

わたしの思ったイメージで

服やら、カバンやら、靴、ぽんぽーーーん!と

作ってくれる専属の人がいたらいいのに!

っていつも思う。

自分はセンスが良いとは

思わないけれど、欲しいもんは欲しい。

けど、作れないんだよね~

技術がないから。

技術があれば、、、、

靴とか作りたい、、、、、

 

時間も欲しい、、、、

ひとりで黙々と作業する時間。

 

 

たまに

時間が戻れるならいつがいいか?

なんて、妄想する。

 

大学生時代?

高校生?

中学生?

もっと前???

 

 

 

わたしは、

高校生かなぁ、、、

 

もっと自分に合った仕事を

しっかり考えたかったなぁ~

 

 

今の仕事も悪くはないけど。

お陰で夫とも、出会えたし

双子も産まれたし。

 

 

もしもの話。

 

 

 

 

手芸が好きだから、服飾系は憧れる。

専門学校は、今でも行きたい。

 

 

大学進学の際は、

最後まで美大も捨てきれなかった。

夏休みは、デッサン教室通ってた。

まぁ、見ているものをそのまま描けないって

気づいてやめたんだけど。

大学のパンフレットも

美大のものは、オシャレな気がした。

だから、行かないってなっても

なんとなーく大事に持ってた。笑

 

 

 

 

就職のときは???

地元の教員採用試験も受けたけど、

すごく狭き門でしたからね~

落ちました。

勉強不足ももちろんあった。

 

 

このとき、全然知らない土地を受けても

良かったなーなんて思うんです。

ちょっとでも知ってる人がいるところ!

とかっていう理由で

神戸を安易に選んでしまったんですけど。

 

関東とか。

中部とか。

全然知らない(国内の)違う文化圏の土地。

 

そしたら、

もっと自分の世界は広がってたかもな、

なんて思うのです。

 

 

 

もしもの話なんですけどね。

 

 

 

 

まぁ、考えたところで

過ぎた時は戻ってきませんからね。

 

じゃあ、

これから、そういう選択肢が出たとき、

今と同じように同じような選択肢を

選ぶんじゃなくて、

私っぽくない方を選ぼうと思うんです。

 

 

その方が、

きっと、わたしを広げてくれる

気がするんですよね。

 

 

 

いつも、新しい自分に。

 

 

 

 ま、秋の夜長ですからね。

たまには、こんな感じの記事も許してくださいね。

 

 

今日はこのへんで!!

 

では、また(*´ω`*)