読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子とわたし、ときどき夫

双子育児と、ときどき夫 そんな生活。育児のこととか、トイトレ(6ヵ月からスタート)のこととか、中古の家をリノベーションだとか。

小さなお花と女の子

こんばんはフジセイです。

.。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

今日は、とっても良いお天気でした。

明日はまた寒くなるんだとか。

この時期、体調崩しがちですよね。

皆様、お気をつけてー!

 

さて、今日は散歩での出会いを書きます。

 

 

 

 

 

始めまーす

.。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

 


f:id:golue-spabom:20170330193927j:image

 

このお花、ある女の子がくれました。

 

名前も知らない女の子。

 

だけど、実は1度、出会ったことがある女の子。

 

近所の小学校が卒業式だった日に

話しかけてくれた女の子。

 

何も聞いてないのに

「1年生!」と

自己紹介してきて、話そうとしてくる。

 (この時点で?って感じでしたが。)

 

今日もベビーカー押してたら

わたしたちを見つけて

その子のおうちの庭から

にゅっと

手を出してきて

「あげる!」

って、花をくれた。

 

 

「ありがとう」

って、もらって帰ったんだけど。

 

その子のお父さんらしい人がいて、

「こんにちは」て声をかけたんだけど、

返事はなかった。

聞こえてなかったのかもしれないけど。

 

 

 

なんか、変な感じしませんか?

1度会ったことあるとはいえ、

知らない大人に

そんなことできますか??!

 

 自分の言いたいこと、やりたいことを

一方的にしてくる感じ、、、

 

 

もしかしたら、

 

その子には、友達がいないのかもな。

 

「仲良くなりたい!」ていう

気持ちよりも、先に

「わたしの寂しさを埋めて!」て

必死でアピールしてるように感じた。

 

 

大人から見れば

人懐っこく見えんこともない。

けど、実際はそうじゃないんだろうな~

って思った。

 

そういう子どもは、案外多い。

友達とうまく関係を結べなくて

大人とばかり関わろうとする子ども。

自分の心の隙間を大人に埋めてもらおうとする。

 

大人は、優しいと思ってるから。

大人は、子どもに甘いと思ってるから。

 

子ども同士って、案外残酷だし。

 「あんたが寂しいとか知らんがな!」って。

 

 

 

自分の子どもの心の隙間、

わたしは、ちゃんと見てあげられるのかな。

 

 

 

 

お花をくれた女の子、

春休み終わったら、

お友だち、できるといいな。

 

 

わたしは、わたしで、

女の子との関わり方を

考えとかなあかんな~と。

 

 

 

きっと、これから何度か出てくる

気がするな~

 

 

突如として、現れるんだろうな~

 

ふふふ  (ΦωΦ)ゞ

 

 

 

 

 

 

はい!

今日は、散歩中にあった出会いについて

書きました。ここまで読んでいただき

ありがとうございます( ´ω` )/

 

 

またお目にかかりましょう!

それでは、また!!!

グラッツェー!( ´ω` )( ´ω` )/

フジセイでした!