双子とわたし、ときどき夫

双子育児(2016/9)と、ときどき夫 そんな生活。育児のこととか、日記とか。日々の暮らし。

夫の話

こんにちは~フジセイです。

.。゚+.(・∀・)゚+.゚

娘が激しく西郷隆盛感を出してるので

添い寝で、目を開ける度に

「西郷どん!」と笑ってしまう、フジセイです。

 

今日は、夫について書こうと思います!

 

では、始めまーす

.。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

 


f:id:golue-spabom:20170314102739j:image

いつも何かしら考えている。

よく怒る。ぷんすか、ぷんすか。

突如、和尚のごとく説法を始める。(長い)

 夫のおかげで、わたしにいろいろ革命が起こった

 

 

夫は、いろんな経歴の持ち主で、

 

旅館のおそうじマン、

ホテルマン、

ホームセンターの店員さん、

小学校の先生、

個人投資家←今ここ

 

書き出したら、そうでもない感がすごいな。

 

 そして、元同僚。

 

 

 

小学校の先生を辞めちゃった話をします。

 

 

 

簡単に言うと、

仕事量とお給料のバランスが

おかしいと思ったから。

 

生活のための仕事のはずなのに、

仕事中心で、生活がないがしろになることに

疑問をもったから。

 

 

めっちゃ簡単にいったけど

理解するのに、時間かかりました。

わたしの頭が固いから。

 

生活の不安というか、

投資家って、ギャンブルと同じやん!って

頭のどこかにあったし、

ちゃんと働こうぜ!って

思っていたので(※投資家も立派な仕事です!)

 

いや、結構こうゆう考えの方多い気がする。

あくまでも、わたしの感覚ですが。

 

 

でもまぁ、先生してた最後の1年、

めっちゃ苦労してたし、

やりたいことをしたらいーやん!ってなったかな。

でも拭いきれなかった「わたしが養ってる感」

.。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

確かに先生って、

めちゃくちゃ忙しい割に

お給料はそんな言うほど高くないし、

1日15時間ぐらい学校いる先生いるし、

学校はコンビニと化してるし、

子どもや保護者は、お客様と化してるし、

どうなってんだ?!て点は

多々ある。

給食費の取り立てだってしなきゃならないし、

取り立ても仕事の一環なんて、

採用されるときも、大学でも教えてくれなかった

 

 

という感じで、

いろいろあって。

でも、これでお給料たくさんもらえたら、

納得して働ける、気がする。

 

で、夫は辞めました。

 

で、投資家へ転職!!!

 

 

全然華々しくない。

ほんとにこの仕事でやっていけるんだろうか?

子どもが生まれたら?(当時はまだ独身)

わたしが職場の飲み会に行くのも

ちょっと気が引ける、、、

 

不安と、応援したい気持ちと、

あと、周りも理解してくれない

この人といて大丈夫やろか???

 

 

複雑な気持ちで、当時過ごしてました。

 

 

まぁ~

そこから、夫も死にものぐるいで

勉強したんでしょうね、

ちょっとずつ、前へ進んでいる気がします。

 

 

わたしも、一応働いているので(現在育休中)

収入はあって、まぁ、最悪それで食っていけるし。

 

 

 

ということで、

夫は、家にずっといます。

ずっと同じ空間にいるのはお互い辛いので

夫は2階、わたしと双子は1階と

棲み分けをしているのですが。

 

結果をいうと、

今のところ、すごくハッピーに過ごせています。

ひとえに、夫ががんばって勉強して

それなりに仕事ができるように

なってきたからかな~?

 

双子のお世話は、基本わたしがしていますが

何かあったときは、気軽に

手伝ってもらえる環境にあります。

 

 

 

 

 

夫の転職は、家族にとって

とってもよかったと思っています。

 

 

これで、わたしも専業主婦になったら

万々歳だなぁ~

.。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

 

 

 

というわけで、我が家には

ずっと夫がいます。(2回目)

加えて超インドア派で

外出を全くしなくても平気な人なので、

ずっといます。(3回目)

もう、たまには出ていって!ってなる。

 

よく出没するのは、そうゆうわけです。

 

 

 

家族の形態なんて、ころころ

その都度変えていけば良いんだと

学びました。

お父さんは、会社に行って仕事して、って

当たり前だと思ってた頃のわたしの

頭をぶん殴ってやりたい。

 

 

家族は、もっと自由になれる。

 

 

 

 

 

取り留めもない、夫の話、

読んでくださりありがとうございました。

 

 

.。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

それでは、また!

グラッツェ!!!

.。゚+.(・∀・)゚+.゚

フジセイでした!