双子とわたし、ときどき夫

双子育児(2016/9)と、ときどき夫 そんな生活。育児のこととか、日記とか。日々の暮らし。それから、2019年秋頃双子が産まれる予定。ダブル双子ママになれるのか??

下の双子1ヶ月、上の双子3歳1ヶ月。

日記です。

 

 

 

生きています、かろうじて。

 

下の双子が退院して

もうすぐ1ヶ月。

4人育児、想像以上にハードで

毎日お祭り騒ぎです。

下の子達を中心にすると

上の子達は家から出られず

パワーを持て余しいらんことするし、

 

 

 

 

それでも久しぶりの乳児に

親は癒され、上の子たちも

お兄ちゃん、お姉ちゃんとして

がんばったりと良い面もたくさん。

 

生活は

試行錯誤の途中ですが、

今のところ、下の子らを夫が

上の子らをわたしがメインで見ています。

なので、わたし、

めちゃくちゃ寝てます。

寝不足を心配されることが

多々ありますが、寝ています。

代わりに夫が寝不足ですね。

 

あとは、上の子らの

4月からの幼稚園が仮決定しました。

入園金を納めて、面接を済ませました。

情報が少なかったので、

夫が夜中の3時から並んで願書を出しました。

それでも3番目だったらしいです。

すごいですね、、、幼稚園の狭き門、、

 

面接で「不適切」と判断されたら

断られるそうです。

どうなるんか、、、

 

 

 

それから、下の双子が

退院してから、

上の子達の体調が優れません。

手足口病なったり、

熱出したり、下痢したり。

咳も出たり。

同じ空間にいるわけですから

下の双子も調子悪くなり

「今年の冬は熱出したら即入院だからね」と

主治医から言われているので

ハラハラもんです。

鼻水、咳、はありましたが

なんとか持ち堪えた、、かな???

 

この冬、無事乗り越えたい、、、

上の子らのケアもしっかりせねば、、、!

 

 

 

それから。

上の子らは児童館の教室へ

通うことになりました。

過疎地域ゆえに

いつでもウエルカム状態で。

今日は、お芋掘り遠足でした。

ふたりとも楽しく活動できていたので

良かったなぁと。

 

 

下の子たちは、

その体調崩しかけ以外は

至って順調だと思います。

1ヶ月検診でも

順調と言って貰えたので

浴槽デビューしました。

ふたりとも上手にぷかぷか浮いています。

 

ミルクと母乳の混合で、

直母はまだまだ練習中。

時間がかかるゆえに

搾乳した母乳をあげがち。

100ml×7~8回

搾乳は多い時は230mlとかとれる。

回数は6回ぐらい。

 

 

和ちゃんは吐き戻し多い系女子。

めちゃくちゃ乳臭い。笑

令くんは

おしゃぶりで寝る。

 

オムツは布と紙の両方使い。

吸水ポリマーは偉大。

 

 

わたしは、

毎日餅を3こずつ食べて

お菓子も暴食しています。

食欲がやばい。

 

 

それから

殺気立っている気がします。

産後メンタルというか、ホルモンというか。

 

 

 

 

でも、元気にやっています。
f:id:golue-spabom:20191018001814j:image

下の双子産まれる

こんにちは。

 

 

「誕生日が決まったよ!」って

記事を書いた朝に、

陣痛ぽいのが始まってしまい、

結局緊急オペになり、

9月10日、下の双子産まれました!!!

 

 


f:id:golue-spabom:20190920173016j:image

 

 

胎動激しめで、

位置もくるくる、くるくる

激しく入れ替わっていたのですが、

兄ちゃん、妹ちゃんでした。

時差は秒単位。なので出生時刻は同じ。

体重は兄ちゃんが、2200gちょい

妹ちゃんが2500ちょい、だったかな(曖昧)

出てきた瞬間、

ふたりとも元気に泣いてくれました。

 

まぁー手術が大変で、、、

「1時間で終わるよ」と

言われていたのに、、、

結局3時間近くかかって

麻酔かかってるはずなのに

わたし悶絶してたし、、、

もう次の妊娠はないけど

「二度と、、、二度と妊娠しないぞ、、、」と

思いました。笑

なんでそんなにかかったかっていうと

前回の手術で癒着が起こっていて

出血がかなりあったんだそう。

剥がしたりとかも大変だったんだと。

 

手術後は

後陣痛と傷の痛みと

足につけられた輸送ポンプの不快さとの

闘いでした。「とにかく痛み止めを!!!!」

という感じで、点滴(2種類)、筋肉注射、座薬と

あらゆる痛み止めを試しました。

1番効いたかなと思ったのは筋肉注射。

これを打ったあと少し眠ることができたから。

あとは、眠れないくらい辛かったです。

 

あと、この夜に助産師さんが

双子の写真を撮って、病室のベッドへ

持ってきてくれたんです。

不思議と子供らの写真見ると

痛みが和らぐんですよね、、、

左手でうちわを持ち(痛みで汗がやばかった)

右手に写真を握りしめ、、、

そんな夜でした。

 

翌日からは、

早速動く練習を始めるのですが、

「午後からトイレチャレンジしてみましょう!」

という提案を、「いえ、午前中にしてください」

とお願いし。術後1日経たずして動き出し、

助産師さんたちを驚かせて。

痛みより、輸送ポンプの「繋がれてる感」が

不快過ぎて是が非でも動いてやる!という意地。

 

術後、ほんとに

痛みが辛いのですが、

痛み止めを積極的に使いながら

ほんと時間薬で和らいでいくし、

動けるようになっていきました。

良かった、良かった。

 

で、術後7日目に晴れて退院することができました

 

 

 

 

で、子供らは今日で生後10日。

今も入院中で

哺乳の練習したり、

外の世界へ出る準備をしています。

 

 

兄ちゃんが

ちょっと哺乳が下手くそで

入院が長くなるかな?という感じ。

体重もそれなりにあるんですが。

通い母は大変ですが、

今は上の子たちを存分に

甘やかしてあげられる時間ができたと

前向きに捉えています。

 

上の子たちは

わたしがいない間、

ほんとによくがんばっていました。

たくさんたくさん我慢してきたんだなって

わがまま言ったり泣いたり怒ったりしてる姿を

見て、ヒシヒシと感じています。

 

帰ってきてから

今までずっっっっっっとできていなかった

「一緒に寝る」を実現することができました。

 

それが子供らはめちゃくちゃ嬉しかったようで。

娘に至っては、寝る時間じゃないのに

「ママ、ねんねしようよー💓」と

お誘いをしてくれて、

お布団入ると、横でずっっっっっっと

愛を囁いてくれています。笑

ただただ、可愛いです。笑

 

夫には

ほんと、感謝しかないです。

怪獣みたいな3歳児×2の育児、

慣れない家事と、突然始まった一時保育と、

来春に向けての幼稚園視察やら、、、

 

ほんと、彼には宝くじの女神が微笑んで欲しい。

 

 

 

家族みんなで乗り越えて

一致団結して、

新しい家族をわたしたちらしく

迎え入れられたらいいなと

今はちょっとずつ準備をしています。

(ほんとは急ピッチでしたいけど、なんせ大変)

 

 

 

 

 

 

あ、あと

術後9日目で

帝王切開の傷が化膿してしまいました。

子供らが入院しているので

助産師さんに気軽に相談して、

その場で処置してもらえたので助かりました

子供らが入院してることのメリットでしょうかね、

 

 

 

 

また記録がてら

日々のことなど

更新していけたらと

思っています~ヾ(●´∇`●)ノ

 

 

またお付き合いいただけたら。

 

 

それでは、今日はこのへんで!

下の双子34w6d 手術日決定

こんにちは

 

やっとこ

双子の手術日が決定しました。

 

2019/9/11

35w1d

 

上の子達の誕生日と2日違い。

小児科の先生と産科の先生のカンファレンスで

念のために肺を成熟させるステロイド

打っておくことになりました。

9/9と、9/10

 

ちなみに今の点滴流量は

リトドリン2A36ml/h

マグセント13ml/h

 

副作用は

手の震え、動悸、火照り、息苦しさ

喉の乾き、頻尿、血管痛、手の浮腫、

 

マグセントの副作用で

肺などに水が溜まっているかも、とのこと。

 

確かに尿測表みたら

摂取してる量より、出してる量のが

明らか少ない、、、

 

溜まった水は自然と吸収されていくようですが。

 

今日は手術に備えて

心電図と胸部のレントゲンを撮りました。

 

 

 

 

 

そして、今日同室さんの

双子ママが出陣されました。

 

赤ちゃんもしっかり育ってて、

無事出会えて何よりでした。

 

産後、お部屋に帰ってこられて

最初機嫌よく話したり

LINEしたりしていたのですが、

麻酔が切れて来た頃から、

痛みとの戦いが始まっていました。

 

筋弛緩剤であるマグセントは

手術直前までつけていますので

産後の子宮の戻りが悪くなるようで

子宮の戻りを促す点滴を使用。

この後陣痛が大変みたい(ToT)(ToT)(ToT)

 

で、積極的に痛み止めを使うけど

薬の合う合わんもあるみたいだし、

後陣痛に痛み止めは効きにくいらしいです。

(個人差にもよる)

 

リアル【明日は我が身】、、、!

蘇る3年前の悪夢(手根管症候群)、、、

 

 

 

どうなる、、、???!

 

 

 

でも心配したところで

なるようにしかなりませんけどね。

 

明日(もう、今日か)は

人生ラスト妊婦デー。

楽しめるかは、さておき。

手術のときまでは出てこないよう、

静かに過ごしたいと思います。

 


f:id:golue-spabom:20190910031014j:image

下の双子34w2d

こんにちは

 

2019/9/5

34w2dでした。

 

同室さんが出陣の日で、

朝からみんなで写真やらムービーやら

撮りあって無事送り出すことが出来ました。

赤ちゃんも元気に産まれたそう。

良かった、良かった。

 

 

で、わたし。

朝イチから「なんかお腹が重たいなー」と

感じていまして、でも午前中のモニターは

順調で、機嫌よく過ごしていました。

 

夕方6時前ぐらいから

「あら?張ってる???」

と思って、間隔をはかったところ

6分、7分間隔だったのでナースコール。

そこからすぐにNST開始。

またしても晩ご飯前に、、、、!

カレーコロッケがぁあ、、、、!

 

 

 

6~7分間隔と思っていたら

自覚できていない張りもあり、

2分間隔で張っていたことが判明。

 

はい、点滴量あがりまーす

40ml/h→45ml/h

 

しばらく様子見。

 

 

 

まだ小さい張りぎ続く。

はい、再度あがりまーす

45ml/h→50ml/h

 

副作用は

手の震え、体の火照り

 

 

 

今回の張りぐらいから

前回の帝王切開の傷やら

お腹の皮膚がピリピリと痛みだしました。

 

もしかして

手術の日早まるかもなー

なんて期待してる自分もいます

 

エコーで子供らの大きさ見てもらうと

令くん  2478g

和ちゃん  2442g

と、まぁ立派に育ってくれています。

誤差はあるでしょうが。

だけど、ポジショニング入れ替わっていたり

お腹にまだ余裕があるのか?というような

動きを見せています、、、

 

 

 

来週の月曜日は

上の双子のお誕生日。

もしかして、そこに合わせに来てる、、、?

なーんて思ったり。

それはそれでミラクルだしいいなぁ~とか

思ったり、ね。

 

 

いや、子供らのタイミングで

元気に産まれてきてくれるのが1番ですけどね!

 

 

 

 

今週末は

台風の影響が

もしかしてあるかもしれないし。

 

妊婦殺しと呼ばれる点滴マグセントは

35w以降は使用できないみたいだし

9/10以降になりますかね。

 

 

9/9  ありよりのあり???

(言ってみたかっただけ笑)

 

 

 

 

 

朝イチの回診で

相談かな、、、、

 

 

がんばります٩(=゜∀゜)งエイエイオー☆彡

下の双子34w突入

念願の!

34w突入しました!!!!!

 

2019/9/3

 

 

その前日。

「自由な身のうちに、外出したい!」と

ぶつぶつ言うておりましたところ

張り始めまして~

あっちゅーまに2分間隔になりまして~

 

点滴開始です(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)

 

繋がれた生活のスタート。

リトドリン1Aの30ml/hから

40ml/hまで上がり。

 

副作用は

動悸と、体の火照り、手足の震え

 

 

寝る時にアイスノンを貰って頭を冷やしています

手足の震えは3日目の今日も残っています

今日が点滴始まって3日目だったのですが

血管が腫れてきちゃって刺し替えしました。

 

点滴が長くなると

血管ももろくなってくるし、

刺し替えのタイミングも早まるんですよね

 

で、今の病院が若い方が多くて

その刺し替えのときに

流血事件みたいになってることが

多々発生していまして。

わたしもいつかはその犠牲者になるのかな、、、

(医療の発展には仕方ないと思いつつ)

 

 

わたしが「これって前兆だったのかな?」って

思ったのが、

*数日前から手の血管がものすごい浮いてた

*手の指が浮腫んでいる感じがした

助産師さんに「足、浮腫んでますか?」って確かめられた

 

こんな感じ。

 

 

とにかく、

繋がれた生活は不便です。

 

でも、34w越えたのでホッとしているのも事実

 

 

 

あとは、子供らの出てきたいタイミングを

待つことにします。お腹の皮膚は

ピリピリしてますが、、、、

夫には「破けてるよ」言われましたが、、、

 

 

がんばります!

下の双子33w5d

こんにちは

 

今日はちょっと特別な日。

上の双子と下の双子の在胎週数が

揃った日。33w5d。

 

あのときは

点滴マックス(リトドリンと妊婦殺しのマグセント)

ベッド上安静、、、完全個室、、、

里帰りしたのに、県外へ転院させられる展開、、

 

もうどうなるの??!

って感じだったのに。

 

誕生した日のことを - 双子とわたし、ときどき夫 / http://fujiseitwins.hatenablog.com/entry/2017/09/09/230537

 

今はしんどいけど、

点滴もない、病棟内安静、

週に何度か家族が面会に来てくれる、、、

 

全然違う、、、。

 

どちらも貴重な経験ですけどね。

 

 

 

ここにきて、下の双子のために

1着も新しい服とか買ってないことが

少々気になりだしましてね。

退院するときは、新しいおべべのが

いいんやろか、、、などと

考えたりしています。

 

 

前回は子供らと別々退院だったけど

今回は同時ってこともありうるよなーと。

イメージしとかんとなー、、、

下の双子33w4d

こんにちは。

 

下の双子33w突入です。

 

肺が成熟すると言われる34wまであと少し。

 

まだ、点滴はせずに

張りどめの内服だけしています。

 


f:id:golue-spabom:20190831164817j:image

 

1週間ごとに

お腹がおおきくなっていると感じます。

 

わたしが入院している病室は

4人の大部屋です。

そのうち3人が長期入院組。

新しい同室さんが

入れ替わり立ち替わり。

 

で、新しい同室さんで

仲間入りされた方が

ベテランお母さん!という感じで。

いろーーーんな話をしてくださいます。

 

 

なんと。

そのお母さんのお腹の子と

うちの和ちゃんの(仮)名前が一緒!

(漢字は違うけど)

ということが判明し、

珍しい名前だよなーと思っていただけに

驚きがすごくて。

すごいご縁だなーと。

 

 

その方、占いもできて。

タロット占いをしてもらいました。

 

 

うちの子供たちは

わたしたち夫婦にとってどういう意味をもって

生まれてきたのか?みたいな。

 

平成ツインズは

初めての子供ということもあって

この子達を通して、見方を変えてみることを

学ぶことになる、的なね。

 

令和ツインズは

令くんは、ニコニコ穏やかな

和ちゃんは、末っ子気質というか、

2人の結び付きは強くなりそう、的な。

 

 

そのような雰囲気のことを言われました。

お気づきでしょうか、

わたし、よく理解できていません。笑

 

 

 

 

まぁ、占いなので「へぇー!」ぐらいの気持ちで

聞いてるぐらいがちょうどいいのかなと

思っているので。あと、そのタロットが

同室さん(ただいま勉強中!)らしく。

 

とまぁ、そんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、嬉しいことに

同室さんの中に同じ双子のママがいます。

わたしと1w違いの(あちらが先予定日)。

 

 

が、34w入った途端

お腹が張り始めて、、、

手術が早まりそうな予感、、、!

 

 

溢れ出てくる

!!!【明日は我が身】感!!!!!!

 

 

 

 

 

まぁ、ここまで

がんばって大きくなっていますので

「もう、いつでも大丈夫よ」

ぐらいの気持ちでいます。

 

34wは越えたいところです。

 

 

 

1日1日を

のらりくらりと。

乗り越えています。

 

ゴロゴロ転がっていますが、

お腹は大きいので

苦痛以外の何でもありません。

 

 

座っててもしんどい、

もちろん、立つのもしんどい。

 

そして、日々落ちていく体力、、、

 

 

 

生まれても

対応できるんか?

子育てできるんか????!

 

 

不安は尽きませんがね

 

やるっきゃないですよね、、、

 

 

 

 

 

あぁ、タイムマシン開発、、、

切望です、、、、!!!!!

 

 

 

 

 

明日から9月か、、、!!

がんばります(ง •̀_•́)ง(ง •̀_•́)ง(ง •̀_•́)ง